仮想通貨を安全に守る!セーフパルウォレットを手に入れました。セキュリティ面を上げるならコレ!

その他

仮想通貨を所有されている方は、取引所や販売所、コインチェックなどに直接通貨を預けたままにしているという方も多いかと思います。

私も初期の頃は、仮想通貨は基本的にコインチェックなどの販売場に入れたままにしていました。

defiやトークンなどを扱う方はセキュリティ面に注意するべき

ですが、最近はdefiなどで通貨をバイナンスなどの海外取引所に送金して、メタマスクウォレットに繋いで運用させたりしていくと、やはりセキュリティ面が不安になることがあります。

通貨所有の1番のリスクは運営のやらかしやハッキングなどによる盗難で自分の資産である通貨は一瞬で奪われたり、無くなったりします。

そんな通貨を保持するためにハードウェアウォレットというものがあり、ハードウェアウォレットに手持ちの通貨を保持してけば、ハッキングなどの被害から守る事ができます。

通貨といっても大事な資産です

仮想通貨というと、普通のお金と認識が薄くなるって方も多いと思うので、セキュリティ面に関して軽い気持ちでいる方も多いと思います。

ですが、通貨は一瞬でハッキングに遭います。

【コインチェック騒動】仮想通貨ネムを流出させたハッキング事件 | 社長勇退ドットコム
2018年1月26日、コインチェックから5億2,630万XEM(当時のレートで約580億円相当)の仮想通貨NEM(ネム)が盗まれました。史上最大の被害額と見られるハッキング事件です。

私自身、コインチェックという販売所にネムという仮想通貨を保持していたのですが、とあるハッキング被害によって預けていたNEM全てをハッキングされた経験があります。

もちろんその時のNEMは日本の販売所ということで、補償があったのですが本来ならもっと高い価値で保持できたものが強制的に利確となってしまい悔しい想いをしました。

私はその時から、仮想通貨を持つということはセキュリティ面はしっかり整備しておきたいと思いました。

セーフパルウォレットのハードウェアウォレットでより安全に

今回手に入れたのが、セーフパルウォレットというアプリと連携が可能なハードウェアウォレットのセーフパルウォレットというのを手に入れました。

 

今話題の超便利なウォレット「Safepal(セーフパル)」を徹底解説!
暗号資産のウォレットってたくさん種類があってDefiとか触ってるとややこしくなってきますよね 今回は最近便利すぎると話題になっている暗号資産(仮想通貨)ウォレットSafepal(セーフパル)の特徴や使

セーフパルウォレットは非常に使い勝手が良いもので、そのセーフパルウォレットと関連があるセーフパルウォレットのハードウォレットは非常に利便性が高く、セキュリティ面でもしっかり保護することができます。

物としては、通信機みたいな感じで、小さい画面がありそちらで通貨の操作や管理が可能になっています。

見た目もシンプルで、設定もそんなに難しくないので、通貨を触っている方なら基本迷わずセキュリティ対策できるかと思います。

使い方

もし、通貨を所有していてセキュリティ面の対応が全然出来てない方はセーフパルウォレットのハードウェアウォレットを手に入れて、ハッキングなどの被害から自分の大事な資産を守りましょう!!!

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

ちなみにこちらのハードウェアウォレットは偽物を手に入れてしまうと、逆にセキュリティどころか自分の通貨全て奪われてしまいます。

なので、フリマやオークションで販売されているハードウェアウォレットは絶対に買わない方が良いですね。本当に盗まれる危険性が大ですので。。。

公式から必ず購入しましょう!

もし興味がある方は、セーフパルウォレット公式の方から購入されてください。

ちなみにこちら人気のため入荷などで3ヶ月はかかることになります。また海外の販売サイトになるので、クレジットカード経由での購入となることをご留意の上ご購入ください。

↓セーフパルウォレットのハードウェアウォレット公式はこちら

SafePal Crypto Hardware Wallet(Official) | The best wallet to protect your assets
SafePal securely stores your crypto assets in the most simple and easy way. Truly mobile-friendly, supporting major cryptocurrencies like Bitcoin, BNB, Ethereum...