オカリナで特定の音色を鳴らすと対応した機器を操作できるようになっているようです。
GoogleやAmazonが販売しているスマートスピーカーの機能の一部である、音声認識による家電の操作をゼルダ式に実現したという感じです。

ゼルダというファンタジー要素に対して、各家電にはネットワーク機器が物理的に後付けされていたりして、かなりアナログな雰囲気を醸し出しているのが印象的です。
AIにもいずれこのようなファンタジーを理解できるユーモアが実装されていくのかもしれませんね。

皆さんはスマホの音声認識や音声入力の機能を利用していますか?
なんとなく抵抗があり使ったことがないという方もいらっしゃると思います。
ただ、最近は音声認識の精度が格段に上昇しており、場合によっては音声入力の方が早く正確に入力ができるという場面も出てくると感じます。
かなり精度が良くなっていますので、良かったら試しに「OK, Google!」してみて下さい。