ふと手荷物を車に置き忘れたりとかして、あれ?ってなって一瞬あせる…みたいなことってありますよね。
あるいは本当にどこかに置き忘れたていたりとかいう可能性も。

そんな不安を解消するのが「MAMORIO」です。

【メディア掲載実績多数】なくすを、なくす。みんなで、さがす。
世界最小級の落し物防止デバイス【MAMORIO】

MAMORIOとは?

スマートフォンとペアリング(同期)して荷物を追跡する世界最小クラスの落し物追跡タグです。
大きさはちょっと大き目なSDカード…という感じです。

手元から一定の距離離れたら通知が出たり、紛失した場所も確認できたりします。ちょっと未来的ですね。
スマホも一緒に荷物の中だよ!って場合でも、ベータ版ですがパソコンから見ることができるようになっています。

メリットは?

最大のメリットは、なくしたものの近くにMAMORIOユーザがいたら、その場所が伝わることです。
MAMORIOユーザになると、なくすことを防止できると同時に、誰かのなくしたものを探してあげることができます。

コストは?

本体価格が3,500円(税抜)、電池寿命が約1年だそうです。
保障や捜索サポートがセットになった安心プラン(1デバイス年1,000円)というのもあるようです。

デメリットは?

MAMORIOとのペアリングにはBluetoothを使います。つまり、スマートフォンのBluetoothをONにしていなければ機能を利用することができません。

無駄な電池消費を抑えるためにBluetoothはOFFにしているという方も多いのではないでしょうか?また、タグを捕捉するためにアプリが一定間隔ごとにタグを追跡するのにも、電池は消費されます。

MAMORIOを使う場合、スマートフォンの電池持ちが悪くなる可能性が大きいです。とはいえ、電源容量は日に日に大きくなり省エネ化も進んでいますので、些細な問題であろうとは思いますが。

あと、周りにMAMORIOユーザが少ない場合は「みんなでさがせる」恩恵を受けにくい状況になります。
一応、置き忘れは防止できますが…。地方だと、子供のランドセルに付けておいて防犯!みたいな運用は難しいかもしれません。

電池が1年で切れちゃうのももったいないですが、電池が切れたタグをキーホルダー代わりに鞄につけておくだけでも防犯になるかもですね。
その上で本命のタグは別の場所に仕込んでおくとか…。

なくすをなくそう

「なくすをなくす」ちょっと未来的なガシェット。あなたも使ってみませんか?