IMG_4286

EX-LD2071TB

I-O DATA 20.7型ワイド液晶ディスプレイ
(コンパクトサイズフルHD、ブルーリダクション機能搭載、3年間保証)

メーカーHP:http://www.iodata.jp/product/lcd/wide/ex-ld2071tb/

 

今回もやってまいりました「1ヶ月リポート」のコーナーです。

 

仕事上、外付けの液晶ディスプレイをどうしても欲しくてAmazonで買っちゃいました。

箱から取り出して、台の足の部分をモニターにはめ込み組み立て終了です。

 

PCとディスプレイの電源は「切り」にしておき、
HDMIケーブル1本でPCとモニターを接続します。
(HDMIケーブルは別売りです。)

 

初期設定

 

IMG_4289

 

 

先にPCの電源を入れて(Macの場合)、次にディスプレイの電源を入れます。

(お使いの環境では違う場合もあるので、メーカーのHP等でご確認してください。)

 

PCがディスプレイを認識したら、ディスプレイの調整です。

MENUボタンを軽くタッチして、調整したい箇所に行くまでボタンで移動します。

 

INPUTボタンで次の段階に行き、ボタンで調整したい箇所にいき、INPUTボタンで

調整箇所に入り、ボタンで見やすい値に調整してINPUTボタンで決定します。

 

他に調整箇所があれば、上記を繰り返します。簡易調整もありまして、ボタンを押すと、

「ボリューム」、「ブルーリダクション」、「輝度」の調整が出来るので

必要に応じて使用してはいかがでしょうか?

 

ボタンに関してネット上に少々書かれていますが、

「ソフトタッチ」で接触する限り、反応は良いと思います。(あくまでもソフトタッチですよ。)

「カチ、カチ」といった、反応が欲しい方には、少し難しいのかもしれません。

 

色に関してですが、ディスプレイ中心から見る分には申し分ないのですが、

中心からずれて見ると、やや見えづらいのかもしれません。

 

「フリッカーレス」「ブルーリダクション」

このディスプレイには、「フリッカーレス」

(LEDを高速に点滅させずに輝度のレベルを調整する→つまり、画面がちらつかず、目に優しい)機能が搭載されており、非常に目に優しいです。

 

また、「ブルーリダクション」(ディスプレイ自体がブルーライトを低減させる)

機能がついていて、わざわざブルーライト低減メガネや低減フィルムを購入する必要がない分、

お財布に優しいですね。

 

液晶が「非光沢ディスプレイ」なので、長時間の作業も負担になりません。

 

おススメできる、20インチ前後の液晶ディスプレイ

 

実際、私の作業時間が1日7時間以上ディスプレイと格闘しているのですが、

おススメできる、20インチ前後の液晶ディスプレイです。

 

「光沢ディスプレイ」に比べると疲労度が全然違います。

20インチ前後の液晶ディスプレイをお探しの方で、

コストパフォーマンスに優れた商品をお探しの方には、この商品をオススメいたします。

 

2016-06-08_130557画像:Amazon

 

Amazon :EX-LD2071TB 20.7型ワイド液晶ディスプレイ(I-O DATA)